イオン導入・イオン化粧品・基礎化粧品の開発、販売 アイリカ化粧品

通信販売法表記会社案内 カートの中身を見る。
お問い合せ
 
TOPページへイオン化導入法について肌質分析についてスキンケアテキストについて商品ラインアップについて

 
 前世紀からアイリカが提唱する【イオン化導入法】
バリアゾーンへ有効な成分をしっかり送り届け、肌本来の力を甦らせる、安全でしかも効果的な美容法。化粧品の効果を実感できないでお悩みの方、色々な美容法を試してみたが・・・?とおっしゃる方へ
 【ベレックス・プロ】ならきっとおこたえします。
さらに進化して使いやすくなった【ベレックス・プロ】で輝きのある素肌をもうあなたのものです。
 
プロのエステティシャンはお客様のお肌のことを第一に考えなければなりません。そのために私たちが使用する機器は、もちろんプロ専用のものでなければなりません。このベレックス・プロはお肌に、優しく、しかも期待通りの結果を残してくれる、私たちにとってなくてはならないハイクオリティなマシンですね。
●イオンスティック
●ウェーブ用特殊グローブ
●アーススティック
●リバーススティック
●ローラー導子
●ピース導子
●櫛形導子
●スティック用コード
●粘着パッド用コード
●粘着パッド
●ACアダプター
●綿棒(10本)●コットン(1箱)

エフィックスロイヤルエッセンスR エフィックスロイヤルエッセンスF エフィックスロイヤルエッセンスW
イオンスティックはイオン導入の際に使用します。アーススティックはイオン化導入の際に片方の手に握って使用して下さい。 ウェーブモードで使用する特殊なグローブです。 リバースモードの際に使用します。綿棒は、リバースモードの際に2つに切ってご使用下さい。(10本)。
エフィックスロイヤルエッセンスM エフィックスロイヤルエッセンスF エフィックス ケデル-S
粘着パッド用コード ウェーブモードとリフトアップモードの際、粘着パッドを装着し使用します。(装着パッド10枚) ローラー導子 イオン化導入(主にフェイス)の際にイオンスティックに装着してコットンを巻いて使用(ピースと使い分け)。 ピース導子 イオン化導入(主にフェイス)の際にコットンを巻いて使用(ローラーと使い分け)。
エフィックス ELウォーター      
櫛型導子 イオン化導入(頭髪)の際、イオンスティック取り付けて使用します。      

 

イオン化導入法の原理 人間の身体には水分・油分を浸透させない機能(バリアゾーン)があります。化粧品はこの水分と油分で出来ているわけですから、当然栄養を送りこむことも不可能です。そこでこのイオン化導入法がクローズアップされます。 水槽に電解質溶液(食塩水と考えてください)を入れます。
  ここにプラス極とマイナス極の極板を入れて電気を流します。すると溶液はプラスイオン(カチオン)とマイナスイオン(アニオン)にわかれます。この作用を電気分解といいます。そしてこのプラスイオンはマイナス極の方へ動き、マイナスイオンはプラス極の方へ動きます。 この原理を応用しました。導入させたい成分を肌に塗布し、上から水分をしみこませたコットン越しにマイナス極をおき、離れた所にプラス極をおき通電させます。電気分解されたマイナスイオン(有効な栄養分)は電気の移動性(同極同士は反発し、異極同士は引き合う)によって従来の方法では不可能な皮膚の下層部へ導入が可能になりました。
イオン導入法は現在、最も安全でしかも効果的である美容理論として注目されています。従来の化粧法では「美しく見せる」ということに終始しており「素肌を美しく」という女性本来の願いには答えることは、残念ながら出来ていませんでした。「その場しのぎ」なのです。例えば「乾燥して困る…」という女性は保湿を目的に油分の多い化粧品を使用します。「しっとりして感触が良くなった…」というのが一般的な答えです。本当にそれで良いのでしょうか? 皆さんの肌には汗を出したり、油を出したりする機能がちゃんとあります。 油分の多いものを使用しつづければ、肌が甘えてしまい、そういった機能がどんどん低下していきます。剥がれないといけない角質も残りがちになります。結果、保水力・皮脂出力・新陳代謝力・毒素排出力・起電能力・皮膚呼吸機能などが低下し、皮膚細胞の老化を促してしまいます。正常な状態ではなくなる…から様々なトラブルに見舞われてしまうのです。
こうなると「美しくなるための化粧品」がいつのまにか「肌を老化させるための化粧品」になっているとも考えられますよね。塗るだけの化粧品には限界があるのです。 そこで私達は「肌本来の力」を甦らせることが、美しい素肌づくりの近道だと考えたのです。イオン化導入法により、細胞を元気にし、新陳代謝のスピードアップをはかり、角質層より下層(バリアゾーン)への栄養導入を行うことにより「肌本来の力」を甦らせる事が可能になりました。 「トラブル解決」は大切。でも「トラブル知らずの素肌づくり」が最も大切と私達は考えます。

 

前世紀からアイリカが提唱する"イオン化導入法”。
バリアゾーンへ有効な成分をしっかり送り届け、肌本来の力を甦らせる、安全でしかも効果的な美容法。化粧品の効果を実感できないでお悩みの方、色々な美容法を試してみたが・・・?とおっしゃる方へ”ベレックス・プロ”ならきっとおこたえします。さらに進化して使いやすくなった”ベレックス・プロ”で、輝きのある素肌をもうあなたのものです。
 
イオン化導入法を使用しない手はありません。例えばビタミンCの場合、単純塗布とイオン化導入法での使用では1:30(イオン化導入法では30倍)の比率で効果的だと医学界では考えられています。アイリカのベレックス・プロは「化粧品」を「結果の出せる化粧品」にグレードアップさせることのできる「美容上不可欠な美容器」です。
 
  • ベレックス・プロ、イオン化導入法での具体的な効果。(エフィックスロイヤルエッセンスシリーズを使用)
  • コラーゲン・ビタミン郡の合成促進による肌の弾力回復
  • 老化の原因であるとされる活性酸素の除去・発生そのものの抑制
  • 抗酸化作用による細胞の損傷防御
  • 消炎
  • 新陳代謝と血行促進
  • 抗炎症作用によるニキビ改善
  • シミの原因であるメラニン生成抑制作用
  • 頭髪のボリュームアップと強化
  • 色素還元作用
  • 育毛・養毛・ダメージヘアの改善・保湿
  • 皮膚分泌抑制作用
  • 遺伝子レベルでの細胞改善

 

Bellex-Pro(べレックス・プロ)は、本来あるべき女性の「素肌の力」を甦らせるために必要なイオン化導入・導出、リバース(トーニング)、ウェーブモード、リフトアップの機能を搭載した、画期的で素晴らしい多機能美容器です。特にイオン化導入においては今までにはない特殊な技術(機能)が採用されています。
イオン化導入法についてはかなり一般的になり、他社メーカーからも様々な機器が出てきています。電圧・周波数・波形等、イオン化導入法一筋に研究を重ねてきたアイリカの英知の結集で設定しています。ですから、安全性・結果の上で他社のそれを凌駕できる素晴らしいものに仕上がっています。機密性の問題から内容について詳細を記述できませんが、ご使用いただければそのパフォーマンスの高さを実感していただけるものと確信致します。
イオン化導入法はもちろんのこと、ベレックスプロにはリバース(トーニング)モード、ウェーブモード、リフトアップモードと様々な機能が搭載されています。また個々のモードの機能性を十分に発揮させるためのパーツ群も充実しています。
(ウェーブ用特殊グローブを使用)―マイクロカレント―)
生体電流に共鳴する電流を流し、細胞を活性化させ、シワ・タルミ・むくみ・肌疲れをトリートメント。老化現象を防ぐ働きをします。バストアップ・ヒップアップ・ウェストのサイズダウンにも利用でき、理想のボディラインを作るのに最適です。
 
安全性を重視した低刺激で特殊な超微弱電流を流すことによって、皮膚や体内組織を刺激。細胞の代謝機能を高め、乾燥やくすみ、シミ・シワなどの原因を取り除きます。また、ポイントでのリストアップ効果が期待できます。
 
2種の特殊な超微弱電流を利用し、顔面の運動神経と筋肉を刺激、素肌のハリを甦らせます。その他、健康な血液をつくる作用を促したり、水分を保持する力、肌のたるみの解消など様々な効果が得られます。
ベレックスは新イオン導入法美顔器は、従来のイオン導入器とは全く質が異なります。永年あったイオン化導入法の概念を変えるほどの変貌を遂げています。
  商品化にあたり、美顔をサービスとしているサロンで、何人もの方に実際に施術をし、微調整を何度も繰り返しました。
(同志社女子大学・奈良樟蔭女子大学・大阪市内エステサロン等の写真)
上の写真はベレックス(同じ仕様の試作器)にて施術を行った、頬部のスキンレプリカです。この方は他社メーカーのイオン化導入法美顔器を使用されていました。 使用を継続するごとに肌のキメが細かく整っていっているのが解ります。
化粧品成分辞典TOPへ
薬用導入エッセンス エフィックスシリーズ
薬用導入エッセンス エフィックスシリーズ
基礎化粧品 スラージュシリーズ
基礎化粧品 スラージュシリーズ
イオン導入器 ベレックス
イオン導入器 ベレックス
スターライト プレゼント
INDEX | イオン化導入法 肌質分析 | スキンケアTEXT | 商品LineUP | 化粧品成分辞典 | 会社案内 | 通信販売法表記
Copyright (C) 2005 AIRICA Corporation. All Rights Reserved.